×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ここに新着情報やPRなどを入れて下さい。
通常のテキストです。リンクも貼れますが、IFRAMEではなく、CSSのorverflowです。テキストはindex.html内に、記述します。
Lorem ipsum verear invidunt nam ut, putent accusam electram te mei, wisi vocibus ut his. Pri ne vituperatoribus aliquam consetetur, vis in virtute feugiat honestatis. Suas rebum ullum vel no, meliore conclusionemque duo ad, quo ea dicit tollit nominavi. Vel sale suscipit intellegam no. Tritani liberavisse ei quo, ius ei erat patrioque.
Ut bonorum accommodare vix, vix eruditi intellegat suscipiantur et. Eum latine temporibus ad, in sit unum pertinax antiopam, est everti tamquam argumentum cu. Velit qualisque suscipiantur an sea, etiam consequat eam ex, ne invidunt salutatus consequuntur mel. At qui enim ipsum possit, debet invenire gloriatur cu ius, ferri insolens persequeris nec te.

テンプレートについて

商用向けのビジネスっぽいテンプレートです。
一応商用向けですが、個人での使用もOK。

フォントサイズ中(標準)で最適に見えるようにしています。
サブページには、上の新着情報と、その横の地球っぽい青の球体はありません。
球体画像の中に表示している文字は通常のテキストです。リンクも貼れます。適当に編集して下さい。(もし画像から文字がはみ出すようなら、CSSファイルの該当個所のマージン(余白)や文字サイズなどを編集して下さい)

リンク見本
通常テキスト見本 bigタグ使用見本 smallタグ使用見本

サイト名について

ヘッダのWeb Site Name(サイト名)は通常のテキストです。必ず編集して下さい。
オリジナルのロゴ画像に変更するのも良いと思います。

SEO対策用にサイト名には「見出しh1」タグを使用しています。文字サイズを変える場合は、スタイルシートファイル「style.css」(以下CSSと省略)を編集します。サイズは60pxより小さくして下さい。
また、サイト名をロゴ画像などに変更する場合は、テキストのサイト名(h1タグ使用)はSEO対策上、削除しない方が良いと思います(特にh1タグは重要視されるため)。サイト名はh1タグを付けたまま、CSSでフォントサイズを小さくしたり、非表示設定にするなどして残すようにしましょう。

SEO対策としてサイト名の下にサイト紹介文がありますが、CSSで非表示設定にしています(表示させる場合はCSSファイルの該当個所を削除して下さい)
画面上は表示されませんが、こちらも必ず編集して下さい。「見出しh2」タグを使用しています。

補足:SEO対策とはGoogleの検索で出来るだけ上位に表示させるための対策です。しかし、SEO対策をしたからといって、必ず上位に表示される訳ではありません。明確な基準が不明な上、皆が同じような対策をしているため、効果は保証できません。テンプレートで行っている対策は、一般的に効果的と言われるものです。h1とh2タグはセットで使用した方が効果的と言われています。
もっと効果を上げたいならアクセスアップツールを使ってみるのも1つの方法です。

タイトルについて

タイトルは「見出しh3」タグを使って入力すると自動的に、フォントサイズを調整し、上下の線付きで表示します。(上の「タイトルについて」がタイトルです)
逆にh3を通常の見出しのようには使用できません。中タイトルや小タイトルを入れて、文章などをより細かく整理したい場合はh3以外のタグを使って下さい。
htmlソース例:<h3>タイトルについて</h3>

タイトルをもう少し柔らかいイメージにしたい場合は、線や背景の色、フォントの色を変更して下さい。CSSファイルで変更できます。

本文について

本文はpタグ(段落)で囲んで下さい。
ホームページビルダーのような、見た目通りに編集するタイプのHP作成ソフトでは、テキストを入力すると自動的にpタグを付けるようです。
pタグなし、の場合は上下左右のマージン(余白)が自動で入らないため、タイトルの上下の線の左端と同じ位置から始まります。

段落pタグで囲っていない場合の見本(上下のマージンもないため、下に寄っています)
Home | 利用規約 | 運営者情報 | お問い合わせ | よくある質問 | Page top  
* FOG. | morgueFile | W.P.P